なるほど労働基準法 > 女性 > 妊産婦と変形労働時間制

妊産婦と変形労働時間制

労働基準法 第66条

使用者は、妊産婦が請求した場合においては、第32条の2第1項、第32条の4第1項及び第32条の5第1項の規定にかかわらず、1週間について第32条第1項の労働時間、1日について同条第2項の労働時間を超えて労働させてはならない。

【妊産婦と変形労働時間制】の解説です

妊娠中の女性社員と産後1年未満の女性社員が請求したときは、1ヶ月単位の変形労働時間制1年単位の変形労働時間制1週間単位の変形労働時間制を採用していたとしても、1週40時間1日8時間を超えて働かせることはできません。

変形労働時間制を採用していてもダメなんだね?

はい。請求されたときは、これに応じないといけませんね。フレックスタイム制は自分で労働時間を調整できますので関係ありません。

とりあえずは、請求がなかったら放っておいていいんだね?

はい。他の社員と同じように扱っても構いません。でも、できる範囲内で配慮はしてあげて下さい。