なるほど労働基準法 > 女性 > 妊産婦の危険有害業務の範囲

妊産婦の危険有害業務の範囲

労働基準法 第64条の3第3項

前2項に規定する業務の範囲及びこれらの規定によりこれらの業務に就かせてはならない者の範囲は、厚生労働省令で定める。

【妊産婦の危険有害業務の範囲】の解説です

妊娠中の女性社員や産後1年未満の女性社員には危険な業務を行わせてはいけないことになっていますが、具体的な業務の範囲は厚生労働省令で決めることとします。

「妊娠、出産、哺育等に有害な業務」ってどんなのがあるの?

次のような業務が指定されています。

  • 次の重さの重量物を取り扱う業務
断続作業(kg)継続作業(kg)
16歳未満12
16歳以上18歳未満2515
18歳以上3020
  • ボイラーを取り扱う業務
  • つりあげ加重が5トン以上のクレーンやデリックを運転する業務
  • 運転中の原動機の掃除、給油、検査、修理、ベルトの掛け換えの業務
  • クレーンやデリックの玉掛けの業務
  • 土木建築用機械の運転の業務
  • 直径25cm以上の丸のこ盤に木材を送り込む業務
  • 圧縮空気で駆動するプレス機械又は鍛造機械を用いて行う金属加工の業務
  • プレス機械やシャーを用いて行う厚さ8mm以上の鋼鈑加工の業務

そうですか。