なるほど労働基準法 > 年少者 > 未成年者の労働契約の解除

未成年者の労働契約の解除

労働基準法 第58条第2項

親権者若しくは後見人又は行政官庁は、労働契約が未成年者に不利であると認める場合においては、将来に向つてこれを解除することができる。

【未成年者の労働契約の解除】の解説です

親や労働基準監督署は、未成年者にとって不利な状態に置かれていると判断したときは、雇用契約を解除することができます。

19歳って言ったら、もう十分大人でしょ。

そうですね。ちょっと現実離れのようですが、変なことをしない限り無視してもいい規定と思います。

そんな感じだね。