なるほど労働基準法 > 年少者 > 年少者の労働時間の特例

年少者の労働時間の特例

労働基準法 第60条第3項

使用者は、第32条の規定にかかわらず、満15歳以上で満18歳に満たない者については、満18歳に達するまでの間(満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの間を除く。)、次に定めるところにより、労働させることができる。

  1. 1週間の労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において、1週間のうち1日の労働時間を4時間以内に短縮する場合において、他の日の労働時間を10時間まで延長すること。
  2. 1週間について48時間以下の範囲内で厚生労働省令で定める時間、1日について8時間を超えない範囲内において、第32条の2又は第32条の4及び第32条の4の2の規定の例により労働させること。

労働基準法 施行規則 第34条の2

法第60条第3項第2号の厚生労働省令で定める時間は、48時間とする。

【年少者の労働時間の特例】の解説です

中学を卒業した15歳以上18歳未満の社員については、次の方法で勤務させることができます。

  1. 1週40時間以内として、1週間の1日を4時間以内とすれば、他の日を10時間勤務とすることができます。
  2. 1週48時間、1日8時間以内としておけば、1ヶ月単位の変形労働時間制1年単位の変形労働時間制を適用することができます。

土曜日を半ドンにするということ?

それでも良いですし、土日を休日にすれば他の日を10時間勤務とすることができます。

元々10時間勤務になることはないから関係ないけど、次の変形労働時間制の規定はどういうこと?

1週間と1日の勤務時間の上限が、1週48時間、1日8時間以内でしたら、負担が少ないということで1ヶ月単位の変形労働時間制と1年単位の変形労働時間制を適用できることになっています。