なるほど労働基準法 > 労働時間 > 変形労働時間制の残業手当

【変形労働時間制の残業手当】の解説です

1年単位の変形労働時間制でも、1ヶ月単位の変形労働時間制でも、まずは1週平均40時間内に収まるよう所定労働時間を設定して、所定労働時間を超えて勤務した時間に対して残業手当を支払う方法が一般的です。

所定労働時間を超えて勤務した時間に対して残業手当を支払う?

はい。この方法で処理している会社が多いです。ただし、労働基準法上は厳密に言いますと、残業手当の計算は次の3段階を経て計算することになっています。

  • 1日ごとに計算する時間
    1. 所定労働時間が8時間を超えて定められた日(例えば9時間)は、所定労働時間(9時間)を超えた時間
    2. 所定労働時間が8時間以下で定められた日(例えば7時間)は、8時間を超えた時間
  • 1週間ごとに計算する時間(1、2を除く。)
    1. 週所定労働時間が40時間を超えて定められた週(例えば45時間)は、週所定労働時間(45時間)を超えた時間
    2. 週所定労働時間が40時間以下で定められた週は、40時間を超えた時間
  • 全期間で計算する時間(1、2、3、4を除く。)
    1. 変形期間の労働時間の総枠を超えた時間

面倒だね。

ですので、最初に言った方法で計算するのが一般的です。

何て言ってたっけ?

1週平均40時間内に収まるよう所定労働時間を設定して、所定労働時間を超えて勤務した時間に対して残業手当を支払います。

その方法だと、多く残業手当を支払っていることにならない?

ええ。そうなります。ですので最初に、所定労働時間を1週平均40時間ギリギリに設定するのがポイントです。

1週40時間ギリギリにすれば払い過ぎが抑えられるということね。

そういうことです。残業手当の計算方法は就業規則の記載事項として定められていますので、就業規則と実際を確認して、今お話した計算方法と違ってないか見比べて下さいね。

了解。

蛇足ですけど、週1回の休日に勤務させたときは1.25倍ではなく、1.35倍の割増賃金(休日勤務手当)が必要になりますので、ごちゃ混ぜにならないようお願いします。

これも就業規則と実際がどうなっているか確認してみるよ。