なるほど労働基準法 > 労働時間 > 労働時間と休憩の特例の限度

労働時間と休憩の特例の限度

労働基準法 第40条第2項

前項の規定による別段の定めは、この法律で定める基準に近いものであつて、労働者の健康及び福祉を害しないものでなければならない。

【労働時間と休憩の特例の限度】の解説です

労働時間と休憩の特例を認めることがあるけれども、それは社員の健康や福祉を害しない範囲内で認めるものとします。

無制限に認められるものではないということだね。

はい。労働時間の特例として認められるのも、週44時間が最大です。

1割増しか。それでも大きいなぁ。