なるほど労働基準法 > 労働時間 > 労働時間と休憩の特例

労働時間と休憩の特例

労働基準法 第40条

別表第1第1号から第3号まで、第6号及び第7号に掲げる事業以外の事業で、公衆の不便を避けるために必要なものその他特殊の必要あるものについては、その必要避くべからざる限度で、第32条から第32条の5までの労働時間及び第34条の休憩に関する規定について、厚生労働省令で別段の定めをすることができる。

【労働時間と休憩の特例】の解説です

特殊な事情のある業種の会社については、労働時間休憩について、労働基準法の原則とは違う取扱いをすることがあります。

特殊な事情って?

例えば、小売業では一斉に休憩を与えると業務に支障が生じる場合がありますので、一斉休憩の特例として適用されないことが認められています。

ふ〜ん。

また、警察官や消防士には休憩時間の自由利用の特例として、自由利用を制限することが認められています。

へー。

他にも、手待ち時間が多い業種で、週40時間を達成できそうにない小規模の会社では、労働時間の特例として週44時間まで認められることがあります。

そうなんだ。