なるほど労働基準法 > 労働時間 > 事業場外労働

事業場外労働

労働基準法 第38条の2

労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、所定労働時間労働したものとみなす。ただし、当該業務を遂行するためには通常所定労働時間を超えて労働することが必要となる場合においては、当該業務に関しては、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務の遂行に通常必要とされる時間労働したものとみなす。

労働基準法 施行規則 第24条の2

法第38条の2第1項の規定は、法第4章の労働時間に関する規定の適用に係る労働時間の算定について適用する。

【事業場外労働】の解説です

社外勤務をして労働時間が何時間が把握できないときは、会社で定めた所定労働時間勤務したものとみなします。ただし、所定労働時間を超えることが確実なときは、その業務に通常必要とされる時間勤務したものとみなします。

直行直帰でタイムカードを押せないときは、残業なしとして取り扱っていいんだね。

はい。ただ、現場に管理者が同行している場合、携帯電話で随時指示している場合、訪問先や帰社時刻を具体的に指示して指示どおりに帰社した場合は、労働時間が把握できますので、そんなときは把握できた時間で労働時間を計算します。

社内勤務と社外勤務の両方があるときはどうなるの?

社内勤務の時間を含めて所定労働時間勤務したものとみなします。

社内勤務が終業時刻より遅くなったときは?

社内勤務の時間は把握できますので、社内勤務が終業時刻より遅くなった場合は、その時間に対して残業手当を支払わないといけません

「事業場外労働」に関する裁判例