なるほど労働基準法 > 労働時間 > 専門業務型裁量労働制の届出

専門業務型裁量労働制の届出

労働基準法 第38条の3第2項

前条第3項の規定は、前項の協定について準用する。

労働基準法 施行規則 第24条の2の2第4項

法第38条の3第2項において準用する法第38条の2第3項の規定による届出は、様式第13号により、所轄労働基準監督署長にしなければならない。

【専門業務型裁量労働制の届出】の解説です

専門業務型裁量労働制を採用する場合は労使協定を締結して、これを労働基準監督署に届出ないといけません。

労使協定で締結する時間ていうのは、1日について?1ヶ月160時間とかってできるの?

それはできません。1日当たりの労働時間について労使協定で定めます。