なるほど労働基準法 > 労働時間 > 起算日の明示

起算日の明示

労働基準法 施行規則 第12条の2

使用者は、法第32条の2から第32条の4までの規定により労働者に労働させる場合には、就業規則その他これに準ずるもの又は書面による協定(労使委員会の決議及び労働時間短縮推進委員会の決議を含む。)において、法第32条の2から第32条の4までにおいて規定する期間の起算日を明らかにするものとする。

【起算日の明示】の解説です

1ヶ月単位の変形労働時間制フレックスタイム制1年単位の変形労働時間制を採用するときは、起算日を就業規則か労使協定で明らかにしないといけません。

起算日?

いつからの期間を対象とするのかということですね。

当然決めないといけないね。

1ヶ月単位の変形労働時間制だったら賃金の計算期間に合わせて、20日締めなら毎月21日が起算日になります。

会社で自由に決められるんだね。1年単位の変形労働時間制の場合は?

1年単位の変形労働時間制の場合も会社で自由に決められます。決算期に合わせて設定している会社が多いです。