なるほど労働基準法 > 労働時間 > 1週間単位の変形労働時間制の通知

1週間単位の変形労働時間制の通知

労働基準法 第32条の5第2項

使用者は、前項の規定により労働者に労働させる場合においては、厚生労働省令で定めるところにより、当該労働させる1週間の各日の労働時間を、あらかじめ、当該労働者に通知しなければならない。

労働基準法 施行規則 第12条の5第3項

法第32条の5第2項の規定による1週間の各日の労働時間の通知は、少なくとも、当該1週間の開始する前に、書面により行わなければならない。ただし、緊急でやむを得ない事由がある場合には、使用者は、あらかじめ通知した労働時間を変更しようとする日の前日までに書面により当該労働者に通知することにより、当該あらかじめ通知した労働時間を変更することができる。

【1週間単位の変形労働時間制の通知】の解説です

1週間単位の変形労働時間制を採用する場合は、1週間のそれぞれの日の所定労働時間を、その1週間の始まる前に書面で社員に通知しないといけません。

1年単位の変形労働時間制は各期間の始まる30日以上前だったけど、1週間単位の変形労働時間制はその直前でいいの?

はい。いつ忙しくなるか直前にならないと分からない業種を対象としていますので、そのようになっています。

変更も簡単にできるの?

変更日の前日であれば、社員に書面で通知すれば労働時間を変更できることになっています。

社員からしたら大変そうだね。

そうですね。一応、労働時間を設定するときは社員の意思を尊重するよう努力することが定められています。