なるほど労働基準法 > 労働時間 > 1年単位の変形労働時間制の途中退職の賃金清算

1年単位の変形労働時間制の途中退職の賃金清算

労働基準法 第32条の4の2

使用者が、対象期間中の前条の規定により労働させた期間が当該対象期間より短い労働者について、当該労働させた期間を平均し1週間当たり40時間を超えて労働させた場合においては、その超えた時間(第33条又は第36条第1項の規定により延長し、又は休日に労働させた時間を除く。)の労働については、第37条の規定の例により割増賃金を支払わなければならない。

【1年単位の変形労働時間制の途中退職の賃金清算】の解説です

1年単位の変形労働時間制を採用していて、社員が1年の途中で退職したときは、残業手当を清算しないといけません。

どういうこと?

例えば、6月から8月が忙しい会社でこの間の所定労働時間を週48時間と設定していて、12月から2月の所定労働時間を週32時間としているとします。

うん。

それで、6月に入社して8月に退職したら、社員にとっては損したことになりますね。

1週48時間で働いていても残業手当は出ないからね。

ですので、途中で退職したときは、週40時間を超えて働いた時間については残業手当を清算して支払いなさいという規定です。

清算はどうやってするの?

6月1日入社で8月31日退職とすると暦日で92日になりますから、「92日×40÷7=527.7(時間)」が週40時間としたときの総労働時間です。

難しくなってきた。

そして、この間の所定労働時間の合計は「92日×48÷7=630.9(時間)」となります。

103.2時間の差があるね。

この103.2時間分の残業手当を支払わないといけないとうことです。

「労働基準法違反」に関する条文の一覧です