なるほど労働基準法 > 労働時間 > 1年単位の変形労働時間制の届出

1年単位の変形労働時間制の届出

労働基準法 第32条の4第4項

第32条の2第2項の規定は、第1項の協定について準用する。

労働基準法 施行規則 第12条の4第6項

法第32条の4第4項において準用する法第32条の2第2項の規定による届出は、様式第4号により、所轄労働基準監督署長にしなければならない。

【1年単位の変形労働時間制の届出】の解説です

1年単位の変形労働時間制を採用するときは、労使協定を締結して、これを労働基準監督署に届出ないといけません。

1ヶ月単位の変形労働時間制は就業規則で規定したら採用できたのに?

はい。1年単位の変形労働時間制は労使協定を締結して、労働基準監督署に届出ないと採用できません。

就業規則は関係ないの?

就業規則でも1年単位の変形労働時間制を採用することを規定しておかないといけません。

二度手間な感じがするね。

面倒臭いね。労使協定と就業規則の違いがよく分からないんだけど。

労使協定は、締結すれば労働基準法違反でなくなるという効果があります。

よく分からないけど、1年単位の変形労働時間制を採用するときは、労使協定を締結して、就業規則にも書いておかないとダメっていうことね。

はい。

「労働基準法違反」に関する条文の一覧です