なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 労働基準監督官の守秘義務

労働基準監督官の守秘義務

労働基準法 第105条

労働基準監督官は、職務上知り得た秘密を漏してはならない。労働基準監督官を退官した後においても同様である。

【労働基準監督官の守秘義務】の解説です

労働基準監督官は職務上知り得た秘密を漏してはいけません。労働基準監督官を辞めた後も同じです。

公務員だったら当然のことだよね。

そうですね。国家公務員法でも守秘義務が課されています。

これは会社は関係ない規定だね。

他の規定とはちょっと異質ですね。それと、女性主管局の職員も労働基準監督官と同等の権限を持っていますけど、女性主管局の職員も同じく守秘義務があります