なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 不利益取扱いの禁止

不利益取扱いの禁止

労働基準法 第104条第2項

使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない。

【不利益取扱いの禁止】の解説です

社員が労働基準監督署に申告したことを理由に、解雇など社員に嫌がらせをしてはいけません。

申告しても社員は守られているということ。

はい。申告した社員を解雇できるとしたら、どこの会社でも解雇したいと思うでしょうけど、それはできません。解雇に限らず、賃下げとか理由のない配置転換とか、不利益となるようなことは全面的に禁止されています。

でも、社員が申告するということは、労働基準法がどうこう言う前に社員との関係に問題があるんだよ。

確かに。将来に対する不安とか、自分が軽く扱われていることに反発して、申告という行動に出るんだと思います。労働基準法違反をしないことが一番の対策ですけどね。