なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 労働基準監督署への申告

労働基準監督署への申告

労働基準法 第104条

事業場に、この法律又はこの法律に基いて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督官に申告することができる。

【労働基準監督署への申告】の解説です

会社が労働基準法に違反している場合、社員は労働基準監督署に申告することができます。

そんなことまで決められてるんだ。

はい。労働者を保護するための規定ですね。

会社は誰も守ってくれないのに不公平な気がするな。

社員を規制するという法律は余りないですね。不正競争防止法の守秘義務ぐらいでしょうか。

う〜ん。労働基準監督署に駆け込まれたら、会社としては何もできないの。

そうですね。社員が労働基準監督署に申告したら、社長が労働基準監督署に呼び出されるか、労働基準監督署の職員が状況を確かめるために会社にやって来ます。それで、是正勧告とか指導をしてきますので、それに従うというのが一般的です。

労働基準法に違反してなければ、別に対応はしなくていいんだよね。

もちろん。社員と会社で解釈の違いということもあるでしょうし、その辺は労働基準監督署との話し合いによります。日頃から労働基準法の勉強をしておかないといけませんね。何かあったら直ぐに連絡して下さい。