なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 労働基準監督署長の権限

労働基準監督署長の権限

労働基準法 第99条第3項

労働基準監督署長は、都道府県労働局長の指揮監督を受けて、この法律に基く臨検、尋問、許可、認定、審査、仲裁その他この法律の実施に関する事項をつかさどり、所属の職員を指揮監督する。

【労働基準監督署長の権限】の解説です

労働基準監督署長は、都道府県労働局長の指揮監督を受けて、臨検、尋問、許可、認定、審査、仲裁など、労働基準法の実施に関する業務を担当し、所属の職員を指揮監督します。

命令系統の説明ね。

労働基準監督署の上に都道府県労働局があって、所属の職員を指揮監督します。

それぞれ役割が違うんだよね。

労働基準監督署は一番身近で、ご存知のとおり、労働基準法に基づいて実際の監督業務を行います。