なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 労働基準主管局長の権限

労働基準主管局長の権限

労働基準法 第99条

労働基準主管局長は、厚生労働大臣の指揮監督を受けて、都道府県労働局長を指揮監督し、労働基準に関する法令の制定改廃、労働基準監督官の任免教養、監督方法についての規程の制定及び調整、監督年報の作成並びに労働政策審議会及び労働基準監督官分限審議会に関する事項(労働政策審議会に関する事項については、労働条件及び労働者の保護に関するものに限る。)その他この法律の施行に関する事項をつかさどり、所属の職員を指揮監督する。

【労働基準主管局長の権限】の解説です

労働基準主管局長は、厚生労働大臣の指揮監督を受けて、労働基準法の改廃や施行に関する業務を担当し、都道府県労働局長を指揮監督します。

命令系統の説明ね。

そうです。労働基準主管局の上に厚生労働省があって、都道府県労働局を指揮監督します。

それぞれ役割が違うんだよね。

労働基準主管局は労働基準法の制定や改廃、労働基準監督官の任免、監督方法の規程の制定といった業務を担当します。