なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 社長の責任

社長の責任

労働基準法 第121条

この法律の違反行為をした者が、当該事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為した代理人、使用人その他の従業者である場合においては、事業主に対しても各本条の罰金刑を科する。ただし、事業主(事業主が法人である場合においてはその代表者、事業主が営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者又は成年被後見人である場合においてはその法定代理人(法定代理人が法人であるときは、その代表者)を事業主とする。次項において同じ。)が違反の防止に必要な措置をした場合においては、この限りでない。

【社長の責任】の解説です

役員や管理職等が労働基準法違反を行ったときは、社長も一緒に罰金刑が科されます。ただし、社長が労働基準法違反を行わないよう必要な措置を取っていた場合は免れます。

部長が勝手に労働基準法違反をしていてもダメなの?

はい。ダメです。ただの言い逃れとみなされます。

それだけ社長には責任があるということだ。部長にも労働基準法を勉強してもらわないと。

そうですね。色々な場面で労働基準法が絡んできますから、知らない間にっていうこともあると思います。