なるほど労働基準法 > 労働基準法違反 > 懲役6ヶ月or罰金30万円

懲役6ヶ月or罰金30万円

労働基準法 第119条

次の各号の一に該当する者は、これを6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

  1. 第3条、第4条、第7条、第16条、第17条、第18条第1項、第19条、第20条、第22条第4項、第32条、第34条、第35条、第36条第1項ただし書、第37条、第39条、第61条、第62条、第64条の3から第67条まで、第72条、第75条から第77条まで、第79条、第80条、第94条第2項、第96条又は第104条第2項の規定に違反した者
  2. 第33条第2項、第96条の2第2項又は第96条の3第1項の規定による命令に違反した者
  3. 第40条の規定に基づいて発する厚生労働省令に違反した者
  4. 第70条の規定に基づいて発する厚生労働省令(第62条又は第64条の3の規定に係る部分に限る。)に違反した者

【懲役6ヶ月or罰金30万円】の解説です

次の違反を行った場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

うわ〜、一杯あるね〜。引っ掛かりそうなのって言ったらどれかな。

残業手当とか、有給休暇の拒否とか、知らない方は解雇予告は引っ掛かりそうですね。

その辺は大丈夫です。

残業手当の違反ですけど、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金に加えて、これは時効が2年ですから2年前までさかのぼって残業手当を支払わないといけません。

罰則と残業手当の支払は別ってことね。

はい。違反は違反として処分されて、残業手当の支払いについても、社員としては請求する権利が残っているということです。

辛いね〜。

「労働基準法違反」に関する条文の1覧です