なるほど労働基準法 > その他 > 労働者名簿

労働者名簿

労働基準法 第107条

使用者は、各事業場ごとに労働者名簿を、各労働者(日日雇い入れられる者を除く。)について調製し、労働者の氏名、生年月日、履歴その他厚生労働省令で定める事項を記入しなければならない。

労働基準法 施行規則 第53条

法第107条第1項の労働者名簿(様式第19号)に記入しなければならない事項は、同条同項に規定するもののほか、次に掲げるものとする。

  1. 性別
  2. 住所
  3. 従事する業務の種類
  4. 雇入の年月日
  5. 退職の年月日及びその事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)
  6. 死亡の年月日及びその原因

労働基準法 施行規則 第53条第2項

常時30人未満の労働者を使用する事業においては、前項第3号に掲げる事項を記入することを要しない。

労働基準法 施行規則 第55条の2

使用者は、第53条による労働者名簿及び第55条による賃金台帳をあわせて調製することができる。

【労働者名簿】の解説です

会社は次の事項を記載した労働者名簿を作成しないといけません。

  1. 社員の氏名
  2. 生年月日
  3. 履歴
  4. 性別
  5. 住所
  6. 業務内容(社員数30人未満の場合は記載しなくても構いません)
  7. 採用した年月日
  8. 退職(解雇)した年月日とその理由
  9. 死亡した年月日とその原因

労働者名簿なのに退職日も書くの?

労働者名簿の保存期間は3年と定められていますので、退職日も書くことになっています。

ふ〜ん。就業規則は10人以上だったけど、労働者名簿は関係ないの?

はい。1人でもいたら全ての労働者について作成しないといけません。日雇労働者は不要ですけど、パートタイマーやアルバイトも労働者名簿を作成しないといけません。