なるほど労働基準法 > その他 > 記録の保存期間

記録の保存期間

労働基準法 第109条

使用者は、労働者名簿、賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類を3年間保存しなければならない。

労働基準法 施行規則 第56条

法第109条の規定による記録を保存すべき期間の計算についての起算日は次のとおりとする。

  1. 労働者名簿については、労働者の死亡、退職又は解雇の日
  2. 賃金台帳については、最後の記入をした日
  3. 雇入れ又は退職に関する書類については、労働者の退職又は死亡の日
  4. 災害補償に関する書類については、災害補償を終つた日
  5. 賃金その他労働関係に関する重要な書類については、その完結の日

【記録の保存期間】の解説です

労働者名簿賃金台帳採用解雇、退職災害補償賃金といった労働関係の書類は、3年間保存しないといけません。

いつから3年?

それぞれ次のとおりになっています。

  1. 労働者名簿は、労働者が辞めた日から3年
  2. 賃金台帳は、最後の記入をした日から3年
  3. 採用と退職に関する書類は、労働者が辞めた日から3年
  4. 災害補償に関する書類は、災害補償が済んだ日から3年
  5. その他の労働関係の書類は、処理が完結した日から3年

雇用保険とか他にも書類が色々あるけど、そっちはどうなの?

労働基準法以外では次のとおりになっています。

保存期間書類名法律
5年健康診断の結果安全衛生法
4年雇用保険の書類(社員に関する書類)雇用保険法
3年労災保険に関する書類労災保険法
2年健康保険に関する書類健康保険法
2年厚生年金保険に関する書類厚生年金法
2年雇用保険に関する書類雇用保険法

バラバラだね。

はい。このような書類は、後で使うことは滅多にないと思いますので、年度ごとにまとめておいて、表紙に「保存期限○年○月まで」と書いておいて、期限が過ぎた書類から破棄していくのがいいと思います。