なるほど労働基準法 > その他 > 国の援助義務

国の援助義務

労働基準法 第105条の2

厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、この法律の目的を達成するために、労働者及び使用者に対して資料の提供その他必要な援助をしなければならない。

【国の援助義務】の解説です

厚生労働大臣や都道府県労働局長は、労働基準法が守られるよう、資料を提供したりして、援助しないといけません。

援助することが法律で義務付けられてるんだ。

はい。労働基準法違反が発覚した後に指導するだけでなく、事前に労働基準法が守られるよう国が援助するということです。

援助というと?

例えば法改正があったら、大抵、法改正に関するパンフレットとかリーフレットが用意されます。

法律を示すだけでは分かりにくいからね。

はい。本来、労働基準法は違反した会社を摘発することが目的ではなくって、労働基準法をキチンと守ってもらってより良い労働条件とすることが目的ですから。

会社がどうこうしないといけない規定ではないんだね。

はい。国の義務を定めた規定です。