なるほど労働基準法 > その他 > 書類の提出

書類の提出

労働基準法 施行規則 第59条

法及びこれに基く命令に定める許可、認可、認定又は指定の申請書は、各々2通これを提出しなければならない。

労働基準法 施行規則 第59条の2

法及びこれに基く命令に定める許可、認可、認定若しくは指定の申請、届出、報告、労働者名簿又は賃金台帳に用いるべき様式(様式第24号を除く。)は、必要な事項の最少限度を記載すべきことを定めるものであつて、横書、縦書その他異なる様式を用いることを妨げるものではない。

労働基準法 施行規則 第59条の2第2項

使用者は、法及びこれに基づく命令に定める許可若しくは認定の申請、届出又は報告に用いるべき様式に氏名を記載し、押印することに代えて、署名して行政官庁に提出することができる。

【書類の提出】の解説です

労働基準監督署に提出する書類は2部用意して下さい。

36協定は毎年2部、労働基準監督署に提出しているね。

はい。労働基準監督署で保管する正式の書類と、会社で保管する控えの2部ということです。

初めて36協定を届出に労働基準監督署に行ったときはコピーを取ってくれたけど。

最近は労働基準監督署も親切で、そのような配慮をしてくれるケースも多いです。

でも本当は、労働基準法では2部持って行くことが決められてるんだ。

はい。それで、控えの方には労働基準監督署で受付印を押して返してくれます。ですので、2部の内の片方はコピーで構いません。

労働基準監督署に届け出る書類って、36協定以外に何があったっけ?

就業規則と就業規則の変更届・意見書なんかもそうですね。そういった書類は縦書でも横書でも構いません。