なるほど労働基準法 > 労働基準法の原則 > 使用者の定義

使用者の定義

労働基準法 第10条

この法律で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。

【使用者の定義】の解説です

労働基準法では、経営サイドの者を使用者といいます。

つまり、経営者っていうこと?

経営者はもちろんですが、会社から一定の権限を与えられている場合は、部長とか課長も使用者に該当します。会社の立場に立って、部下に指示をする方です。

使用者に該当したらどうなるの?

例えば課長が労働基準法に違反する行為をしたときは、課長個人に罰金が科せられることもあります。

そうなんだ。

ただ、最終的な責任はやっぱり社長にありますので、社長も一緒に罰せられることもあります。

そうなんだ。

使用者っていう言葉は余り使われないので、ここでは「会社」と表現しています。

「使用者の定義」に関する裁判例

「定義」に関する条文の一覧です