なるほど労働基準法 > 労働基準法の原則 > 労働者の定義

労働者の定義

労働基準法 第9条

この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所(以下「事業」という。)に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。

【労働者の定義】の解説です

労働基準法では、会社等の支配下にある者を労働者といいます。

こんなことまで決められてるの?

普通に働いている社員は労働者で間違いないのですけど、最近は請負だとか、派遣労働者だとか、色々ありますから。

誰が責任者なのかということになるね。

はい。労働者でしたら労働基準法が適用されて、会社に色々な義務が課されますけど、請負となれば労働基準法は適用されません。

じゃー、請負の方が楽だね。

でも、書類上は請負契約としていても、労働者と判断されるケースが多いです。

どういうこと?

勤務時間を拘束していたり、会社が機械・器具を提供していたり、仕事の進め方の指示をしていたり、勤務時間に応じて報酬を支払ったりしている場合は、実質的に会社の支配下にあるものとして労働者と判断されます。

普通の外注業者と同じようでないとダメっていうことね。

はい。請負とするには、他にも条件がありますし、最近は役所も偽装請負を重点的に取り締まっています。個人的には、中小零細企業で請負は無理じゃないかと思います。

ふ〜ん。

請負でも取引が順調に進んでいるときはいいんですけど、契約を打ち切ったり、事故に遭ったりしたときに、「自分は労働者じゃないのか?!」と問題になるケースが多いです。

会社が尻拭いをさせられるんだ。

尻拭いって言葉が適切かどうか分かりませんけど、労働者と判断されたら会社は責任を取らないといけない事態になりますね。「労働者」という呼び方は一般的ではないので、他の箇所では「社員」と言ってます。

「労働者の定義」に関する裁判例

「労働者の定義」に関して、トラック運転手に関する裁判例大工に関する裁判例嘱託に関する裁判例があります。

「定義」に関する条文の一覧です