なるほど労働基準法 > 労働基準法の原則 > 均等待遇

均等待遇

労働基準法 第3条

使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。

【均等待遇】の解説です

会社は国籍、宗教、支持政党、家柄などで、社員を差別してはいけません。

要するに、仕事と関係ないことで差別しちゃダメっていうことね。

はい。そのとおりです。

賃金労働時間その他の労働条件のその他の労働条件と言うと?

休日とか、有給休暇、福利厚生、配置、昇給、昇格、社員教育、仕事をする上での色々な事柄のことです。

採用は?

採用は入社前のことですから、労働基準法は適用されません。でも、採用についても差別的な取扱いは避けるのが無難です。

国籍、信条、社会的身分を理由としていなければいいんだよね。男女差別は含まれてないの?

労働基準法では、産前産後休業とか、生理休暇とか、男女で区別する取扱いが定められていますので、男女差別は含まないとされています。ただし、男女同一賃金の原則で、賃金差別は禁止されています。

採用の募集をするときに、男女を指定することは禁止されてるよね?

はい。そっちの方は男女雇用機会均等法で禁止されています。

「均等待遇」に関する裁判例